産後の対策 抜け毛・薄毛を改善する賢い方法

産後の対策 抜け毛・薄毛を改善する賢い方法

産後抜け毛のストレスを軽減する賢い選択





⇒ もう悩まないで!産後ママに優しい育毛剤はこれ!


どうして誰も教えてくれなかったの?

早く知っておけば良かった・・・。

損をする前に知っておくべきことがあります。


⇒ 産後、つらくなったママの心に効く!【良書10選】

産後の抜け毛・薄毛を改善!できる対策は何がある?

私と同じように、産後の抜け毛・薄毛で悩んでいる人は

 

かなり多いのではないでしょうか?

 

以下は今すぐ無料でできる対策なので自分に合わせて

 

取り組んで下さい。

 

産後の抜け毛の原因とも言われているホルモンバランスの乱れ、

 

睡眠不足や栄養不足などの日常生活の変化、ストレスなどの改善は

 

まず、意識しておきたいところです。

 

ストレスをなるべくためないよう気をつけましょう。

 

産後は「産後うつ」により気分が落ち込みやすく、

 

毎日育児に追われ、知らないうちにストレスを

 

ためている場合があります。

 

忙しい合間を見つけて、自分なりの解消方法を

 

してみるのは大切。

 

睡眠不足を解消するようしましょう。

 

赤ちゃんは、昼夜関係なく2〜3時間おきに

 

授乳やおむつ替えをしないといけないので

 

夜はほとんど眠れない状態。

 

少しでも休むためには、赤ちゃんが寝た時に

 

一緒に寝てしまうのが一番です。

 

短時間でも寝れるようになると、かなり踏ん張りが利きますよ。

 

産後は、赤ちゃんのお世話で自分の食事

 

までなかなか手が回らない!

 

そんな時でも、特に大豆製品はかかさず食べたほうがいいですよ。

 

大豆に含まれているイソフラボンは、

 

産後に急激に減る女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをするので、

 

乱れたホルモンバランスを整えることが期待できますからね。

 

大豆の40倍のイソフラボンが含まれているプエラリアミリフィカもいいかも。

 

特に、母乳育児の場合、母乳に栄養がとられるので、

 

意識してバランスの良い食事をとってください。

 

育毛剤は不要?! 多くの産後女性が経験する抜け毛と薄毛のメカニズム

 

出産経験のある女性のうち、2人に1人は

 

産後の抜け毛や髪質(フケ・かゆみ・パサツキ・細毛・白髪…など)

 

に悩んだ時期があると言われています。

 

これらの症状は、主に女性ホルモン≠ェ

 

影響していると考えられますが、

 

その大まかなメカニズムは次のとおりです。

 

毛髪は、一定の周期(成長期 → 退行期 → 休止期)を

 

経て新たに生まれ変わりますが、

 

この周期が妊娠中に起こる女性ホルモンの

 

増減によって乱れることがあります。

 

特に妊娠後期に分泌量が増加するエストロゲン等の女性ホルモンは、

 

毛髪の寿命を伸ばし維持する作用がある

 

(休止期から成長期への移行を遅らせる)と考えられており、

 

一時的に抜け毛が減少するとさえ言われています。

 

つまり、言い換えれば、休止期に入り、

 

本来、抜け落ちるべき毛であるにもかかわらず、

 

そのまま地肌にとどまっている状態にあるということです。

 

ところが、産後しばらくすると、

 

妊娠中に分泌量が増加していた女性ホルモンが

 

正常値に戻るため、既に抜け落ちているはずの毛髪は、

 

地肌にとどまっていることができずに、

 

それらを含めた休止期にある毛が、

 

一斉に大量の抜け毛となって現れるのです。

 

これが、産後に抜け毛が増える理由のひとつです。

 

もちろん、産後脱毛のメカニズムについて、

 

すべて解明されてたわけではありませんが、

 

現在、このような理由から抜け毛が増えるとする説が有力です。

 

女性特有の悩みである産後脱毛については、

 

先に説明したとおり、一時的に起こる生理現象なので、

 

しだいに回復してくる方が大半です。

 

したがって、産後に抜け毛が増えたからといって、

 

育毛剤によるケアが即必要!というものではありません。

 

また、へたに気にし過ぎると、

 

ストレスによる円形脱毛症などのトラブルを併発してしまう恐れもあるので、

 

産後脱毛は大半の女性が経験する、

 

いわば儀式的なものと捉え、

 

気長に付き合っていくくらいの気持ちの余裕が必要かもしれません。

 


抜け毛のサイクル 良い抜け毛と悪い抜け毛を見分ける方法

通常、毛髪は正しいヘアサイクル(毛周期)を繰り返し、

 

生え変わります。

 

ヘアサイクルがうまく機能している場合、

 

毛髪は成長期(5年〜7年)、退行期(約2週間)、

 

休止期(約3ヵ月)のいずれかの状態にあり、

 

休止期が終わると自然に抜け落ちます。

 

これは問題ない「良い抜け毛」で、

 

抜けた後は新しい毛髪が生えてきます。

 

ヒトの髪の毛は約10万本あり、

 

休止期の状態にある毛髪は約10%と考えられています。

 

3ヵ月で10万本の10%(つまり1万本)が抜けるということは、

 

1日あたり約110本が自然に抜ける、ということになります。

 

これが「1日100本くらいは抜けても大丈夫」といわれる根拠です。

 

何らかの原因で、ヘアサイクルがうまく機能しなくなると、

 

ヘアサイクルの途中で毛髪が抜けてしまいます。

 

これが心配な「悪い抜け毛」。

 

早めに対処しなければ、薄毛につながります。

 

あなたの抜け毛が、「良い抜け毛」か「悪い抜け毛」かは、

 

抜けた髪をチェックしてみればわかります。

 

ブラッシングやシャンプーの際に抜けた髪の毛や、

 

枕やタオルについた髪の毛を何本か取ってみて、

 

その形状をよく観察してみましょう。

 

良い抜け毛の形とは?

 

良い抜け毛とは、正しいヘアサイクルを

 

経て抜けた毛髪のこと。

 

毛根にある毛球が完全に角化し、白い球状になります。

 

毛根がふっくらとしていて棍棒のような形をしていることから、

 

「棍毛(コンモウ)」と呼ばれます。

 

抜け毛のほとんどが棍毛であれば、

 

自然に抜けた毛髪ですから、問題ありません。

 

 

知らなかった!じゃすまされない。産後の抜け毛にいいシャンプーって何?

 

頭皮を通じてシャンプーの成分がママの体内に入ってきますので、

 

母乳育児を行っている間だけでも、安価な石油系のシャンプーは

 

控えた方がいいと思います。

 

「頭皮にいいものか?」「産後でも安心して使えるものかどうか?」

 

などを含め、成分や品質を確認することが重要です。

 

産後の抜け毛対策には、どんなシャンプーを選ぶべきなのか、

 

具体的に考えてみましょう。

 

色素や香料がたっぷり使われた、刺激の強いシャンプー、

 

界面活性剤が使われたシャンプーなどは、

 

頭皮の状態を悪くして、抜け毛を悪化させてしまいます。

 

頭皮に優しい「無添加」なもの「オーガニック」な原料を

 

使用しているものを選ぶようにしましょう。

 

ノンシリコンシャンプーは、おすすめです。

 

シリコンとは、髪の毛にツヤを出し、手触りや指通りを

 

良くしてくれる「コーティング剤」の一種です。

 

このシリコンが、頭皮や毛根に付着すると、

 

毛穴が詰まり頭皮の状態が悪くなります。

 

抜け毛対策は「頭皮の状態を良くすること」なので、

 

頭皮の健康を考えると、ノンシリコンシャンプーがお勧めです。

 

最近流行りなのは、アミノ酸シャンプーです。

 

アミノ酸シャンプーは「低刺激」なので、肌の弱い人だけでなく、

 

肌の状態が敏感になっている産後の時期にはお勧めです。

 

しっかりと汚れは落とすものの、必要な皮脂を取り過ぎないので、

 

リンスをしなくても、髪の毛がしっとりします。

 

産後,抜け毛,対策


ホーム RSS購読 サイトマップ